2017年12月期本決算を発表しました。

本日、弊社の2017年12月期本決算について発表しましたので、概要をご説明させて頂きます。

2017年12月期は、売上高3,438百万円(前期比+5.1%増)、営業利益555百万円(前期比+501.3%増)、経常利益511百万円(前期比+27.3%増)という結果であり、売上高及び利益いずれも概ね計画通りで着地いたしました。

2017年12月期におきましては、2017年8月に東京電力エナジーパートナー株式会社との間で、合弁会社(TEPCOホームテック株式会社)を設立し、下半期にはその立上げ準備に注力してまいりました。

おかげさまで、省エネ診断の申込み数も1,000件を突破し、最近では、エネチェンジ株式会社とTEPCOホームテックとの間で電気料金プランと省エネのコラボ診断も開始しており、省エネ診断の申し込み件数も増加傾向にあります。

2018年の上半期につきましては、①TEPCOホームテックとの戦略的な受注拡大策の実施、②会社のステータス向上、など諸準備を着々と進めることから、上半期の損益については減益となりますが、下半期においてはエプコ及びTEPCOホームテックの受託が拡大することで、通期での増益転換を見込んでおります。

上記を踏まえて、2018年12月期の業績の見通しにつきましては、連結売上高3,575百万円(前期比4.0%増)、連結営業利益557百万円(前期比0.4%増)、連結経常利益570百万円(前期比11.5%増)、連結当期純利益381百万円(前期比8.6%増)を見込んでおります。

今上半期に受託拡大に向けての諸施策を進めることが、来期以降のさらなる成長につながるため、2018年は今後の成長に向けて節目となる重要な1年となります。

また、今年のエプコは私が個人で起業してから30周年の節目の年でもあり、より一層飛躍できるよう、事業面および経営面で様々な施策を打ち出していきますので、引き続き、ご支援のほど、よろしくお願いいたします。

  • LINEで送る

カテゴリー:IR

TEPCOホームテック&エネチェンジのコラボ診断

本日、TEPCOホームテックと電力・ガス比較サイトを運営するエネチェンジが、省エネ診断と電気・ガス料金プラン診断を同時に行える特別コンテンツを発表いたしました。

TEPCOホームテックでは、電力やガスの使用状況や住宅形態、家族構成などを加味し、省エネリフォーム後の光熱費削減効果を計算する省エネ診断を行っております。

一方、エネチェンジでは、電力・ガス比較サイト「エネチェンジ」を運営しており、居住地域や世帯人数などを入力すると、ご家庭にあった電気・ガスの料金プラン診断を行っております。

今回、公開したコンテンツでは、両社の診断サービスをエネチェンジのWEBサイトで一括で受付けることができ、ご家庭にあった省エネプランと電気料金プランを同時に診断するサービスを開始いたしました。

エネチェンジは、私が個人で2013年に英国で創業した会社が母体となっておりまして、2015年に日本法人として設立された会社であり、その関係でエプコも株主となっております。

現在、エネチェンジのサイトを利用しているユニークユーザー数は月間で約300万人、その内、電気・ガス料金プラン診断をしているユーザー数は月間約30万人に達しております。

また、TEPCOホームテックの省エネ診断は開始2ヶ月弱で1,000件を突破いたしました。

このような状況からご家庭の光熱費削減ニーズは高いと分析し、住まいの光熱費削減プランを提案している2社が協業することで、より住まい手にあったエネルギー選択サービスが提供できるものと考えております。

TEPCOホームテックとしては、エネチェンジの集客力を最大限活用することで、省エネ診断数を更に増加させ、省エネリフォームの拡販を図ってまいります。

 

News Relese
2018年2月9日 TEPCOホームテック
「TEPCOホームテックとエネチェンジ、ダブルで住まいの“おトク”をフルサポート!省エネプラン&電気料金プランのコラボ診断を開始」

 

  • LINEで送る

カテゴリー:エプコ

AI設計のロードマップ

本日は、エプコが取り組んでいるAI設計のロードマップについてご説明させていただきます。

2018年2月より、CEO直轄のAI設計プロジェクトチームを発足させ、AI設計のシステム開発を加速いたします。

当社グループのコア事業である設計コンサルティング事業は、少子高齢化の影響で新築住宅着工戸数が先細り、今後は厳しい経営環境が予想されております。

一方、当社グループでは、過去に設備設計を行った設計のビックデータが100万戸を超えており、この経営資源である設計ビックデータとAIを組み合わせることで、AI設計導入による抜本的なビジネスモデル改革に取り組んでまいります。

2018年の具体的な取り組みとしては、AI設計システムの開発に着手いたします。
既に2017年からAI設計システムの研究に着手しており、今期は設計業務に利用できるレベルのシステム開発を行ってまいります。

今期、AI設計が目指すレベル1段階といたしましては、新たに設計依頼があった物件データをAI設計システムに読み込ませることで、過去に作成した設計データをAIが自動的に検索し、類似の図面データを表示させます。これにより設計者は初期から設計することなく、類似の設計データを修正しながら設計図を仕上げることで、業務効率の最大化を図ってまいります。

更にAI設計のレベル1段階では、間取りが近似ており戸数も多い、賃貸住宅向けの設備設計や同じく賃貸住宅向けの構造設計を対象とすることで、業務の効率化メリットが大きい分野に集中して取り組んでまいります。

この結果、設計コストの削減が可能になり、当社のコア事業である設計コンサルティング事業の収益貢献に努めてまいります。

また、レベル3段階では、販売価格を意図的に下げることで、これまで価格面で開拓できなかった大手分譲ビルダーや中小工務店の設計シェア拡大を目指してまいります。

 

  • LINEで送る

カテゴリー:エプコ