エネカリ with Kyocera で協働開始いたしました!

この度、京セラ株式会社さまとTEPCOホームテックは、ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)及び卒FIT(家庭向け余剰電力の固定価格買取制度が満了した住宅)向けに、京セラ製の太陽光発電システムと蓄電池をエネカリに組み入れた、エネカリwith Kyocera を協働で展開していくことになりました。

国が定めるエネルギー基本計画を達成するには、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均で、ZEHの実現を目指すことが掲げられております。

このZEHを普及させるポイントが、いかに初期費用を抑えるかにあります。

省エネ性能を高めたZEHを建築するには、断熱性能の向上や高効率な省エネ機器の設置が不可欠になり、その初期費用が普及のボトルネックになっております。

そこで、京セラ製の太陽光発電システムと蓄電池をエネカリに組み入れ、初期費用ゼロ円で省エネ機器が設置でき、定額利用料で使用できるエネカリを商品化し、京セラさまの販売ルートを活用して、ZEHを建築する住宅会社さまへご提案してまいります。

また、2019年11月からは卒FITのご家庭が全国で約53万世帯、2023年までに累計で約165万世帯が対象となる見込みです。

これまでは太陽光発電システムで発電した余剰電力は、国が定めた固定価格買取制度により、電力会社が高値で買い取ってくれましたが、FITが満了するご家庭の余剰電力料金は、市場価格となる見通しです。

そこで、余剰電力を電力会社などに販売するのではなく、蓄電池に貯めて、太陽光発電システムが発電しない夜間の時間帯に、自家消費しようと考えるご家庭も多く見受けられます。(加えて災害時用途にも活用)

このようなご家庭に対して、初期費用ゼロ円で京セラ製の蓄電池が設置でき、月々の定額利用料で蓄電池を使用できる蓄電池エネカリを、京セラさまの販売ルートを活用して、ご提案してまいります。

TEPCOホームテックとしては、多くの製品メーカーさまと協働することで、エネカリの販売促進に努めてまいります。

  • LINEで送る

カテゴリー:エプコ

TEPCOホームテックの経営計画発表会を開催いたしました。

本日は、先週末に開催いたしましたTEPCOホームテックの経営計画発表会について、ご報告させていただきます。

2019年度の経営計画発表会には、省エネ工事やアフターメンテナンスを担当して頂いている提携店さまを始め、省エネ機器の製品メーカーさま、省エネ機器の販売店さま等、約90社、130名を超える関係者の皆さまに参加いただきました。

ちなみにTEPCOホームテックを設立した初年度(2018年度)の経営計画発表会の参加者数は約40社でしたので、1年間で2倍以上の関係者の皆さまが、TEPCOホームテックの事業に関わって頂いていることになります。

TEPCOホームテックの省エネ事業やメンテナンス事業は、多くの関係者の皆さまとの共同事業体であり、これからもお客さまの信頼に応えられるよう、一致協力して事業に取り組んで参ります。

  • LINEで送る

カテゴリー:エプコ

第29回定時株主総会のご報告

昨日(2019年3月28日)、エプコの第29回定時株主総会を開催いたしましたので、株主総会の様子について、ご報告させていただきます。

株主総会には100名近くの株主さまがご出席され、エプコの株主総会では過去最高となりました。

また、株主総会と株主総会後に開催いたしました事業説明会を合わせ、約2時間30分間、株主さまと活発な質疑応答や意見交換をさせていただきました。

株主さまからは、エプコやTEPCOホームテックの経営方針や事業内容をしっかり勉強して、理解して、納得していきたいという気持ちが強く表れており、私やエプコの取締役も、これまで以上に熱が入った説明をさせて頂きました。

このような株主さまとのコミュニケーションは本当に大切と考えておりますので、株主総会に限らず、四半期ごとに開催しております決算説明会にも、ぜひ参加いただきたいと思います。

来年の2020年は、エプコ設立30周年という節目の年を迎えます。

2020年に向けて、エプコおよびTEPCOホームテックの業績をしっかりと積み上げて、新たな30年のスタートの1歩となるよう、役職員一致団結して事業に邁進して参りますので、引き続き、ご支援のほど、よろしくお願いいたします。

  • LINEで送る

カテゴリー:エプコ