カテゴリー: IR

2021年12月期 第2四半期決算の概況ご説明

本日、エプコの2021年12月期第2四半期決算について発表しましたので、決算概要をご説明させていただきます。

まず、本日の第2四半期に合わせて投資家向け決算説明資料をWebサイトに掲載しております。

(参考)2021年12月期 第2四半期決算説明資料

また、8月27日(金)18:00からオンライン決算説明会を開催いたしますので、多くの皆様のご来場をお待ちしております。

(参考)第17回 経営計画説明会(2021年12月期 第2四半期)のお知らせ

今回の第2四半期決算にてお伝えしたいメッセージは下記2点です。

(1)2021年12月期第2四半期(1~6月)実績及び通期計画について

当第2四半期業績は、中期経営計画の達成に向けた先行投資を実施したことで、期初計画のとおり増収減益となりましたが、当初計画よりもD-TECH事業における設計業務のDX化による生産性向上効果が発現し、営業・経常利益は計画を大幅超過する結果になりました。

持分法投資損益(TEPCOホームテック)については、東京電力エナジーパートナー社が営業自粛をおこなった影響で当第2四半期は減益となりましたが、第3四半期以降は新電化パッケージ戦略を推進することで損益改善を目指してまいります。

なお、通期連結業績見通しについては、外部環境及び先行投資の状況を考慮し、予想数値を据え置きとしております。

(2)中期経営計画の進捗について

 2021年2月に発表いたしました中期経営計画については、3つの事業が下記のとおり進捗しております。

①BIMクラウドサービス

2021年7月より、日本の建築・住宅産業に関わる企業で一貫してBIMクラウド技術の経験を積んできた金柾昍(キム ジョンホン)が新しい執行役員として当社に参画いたしました。

(参考)執行役員就任に関するお知らせ

住宅産業におけるBIMクラウドサービスの課題や対策、事業展開の方策まで幅広く知見を有しているキムが参画したことで、お客様に対するBIMコンサルティング提案及びCAD2BIMシステムの汎用版開発体制が強化され、2022年度からの本格的なサービスインに向け着実に準備を進めております。

②CRMクラウドサービス

当第2四半期は新サービスを提供する準備が着実に進んでおり、メンテナンスアプリOEM版をリリースし、汎用版の開発に着手しつつ、BIMを活用したメンテナンス動画等コンテンツの拡充に注力しておりました。

当第4四半期では、引き続きサービス開発を行うとともに、既存顧客へトライアル運用を提案するなど営業面の強化も進めてまいります。

③電化サブスクサービス

既報の通り、東京電力グループとしては、カーボンニュートラル・防災に寄与する新電化パッケージ(電気料金+エネカリ料金パッケージ)の準備を進めております。

新電化パッケージサービスインに向け、ハウスメーカーや東京電力グループの顧客基盤を活かした営業および、Webプロモーションを強化してまいります。

上記のとおり、それぞれの事業において2022年以降のサービス提供本格化に向けての仕込みが着実に進んでおります。その詳細については、8月27日に開催する経営計画説明会だけでなく、Webサイトでの様々な情報提供や月次開示・英文開示を通じてご報告を行ってまいりますので、引き続きご支援のほどよろしくお願いいたします。

カテゴリー:IR

2021年12月期 第2四半期業績予想の修正について

本日、エプコグループの2021年12月期 第2四半期業績予想の修正について発表しましたので、その概要をご説明させていただきます。

また、当該業績予想の修正開示に加えて、2021年6月度月次業績に関するお知らせも開示しておりますので、合わせてご参照下さい。

(参考)2021年12月期 第2四半期(累計)期間 業績予想の修正に関するお知らせ
      2021年6月度 月次業績に関するお知らせ

当第2四半期の売上については概ね計画通りに進捗している中で、営業利益以下は計画超過となりました。この計画超過要因でございますが、D-TECH事業(設計サービス事業)にて推進している東京・沖縄・中国(深セン・吉林)におけるデジタル技術を活用した業務のDX化により、設計業務の自動化が進み、各拠点の生産性が向上したことによるものです。

エプコグループにおける業務のDX化は、数年前より東京・沖縄・中国(深セン・吉林)の各設計拠点と情報システム部門が連携して構築してまいりました。具体的には現在のコア事業である2次元CAD設計を担当する拠点を吉林CADセンターとして位置づけ、デジタル技術を活用して設計業務の自動化を推進し、コスト競争力の向上を図ってまいりました。

一方で、次代の主力事業となる最先端の設計サービスである3次元BIM設計を担う拠点を深圳BIMセンターとし、300名まで収容できるBIMセンターを新規開設し、BIMクラウドシステムの開発からBIM設計、BIMコンテンツサービスなど、新事業の立上げに注力しております。

このようにD-TECH事業では、新事業への先行投資を行いつつ、業務のDX化で増益を確保できる体制が整いつつありますので、引き続き、デジタル技術を活用した生産性の向上に努めてまいります。

一方で、現在、エプコグループでは、中期経営計画(2021年~2025年)でお示しした通り、建築DXでD-TECH事業、H-M事業、E-saving事業をそれぞれ高付加価値化するべく、新しいサービスの開発に注力しております。

まだ足元の月次業績には大きくインパクトしておりませんが、いずれの事業も2022年からのサービス本格導入を目指して着実に準備が進んでおり、2022年から2025年にかけて住宅業界の変革を先導して、エプコグループの業績につなげてまいります。

詳細については、8月12日の第2四半期決算発表時にご説明させて頂きますので、引き続きご支援のほど、よろしくお願いいたします。

カテゴリー:IR

建築DX(BIM)を推進する執行役員就任のご紹介

この度、エプコグループの中期経営計画の柱の1つであるBIMクラウドサービス事業を推進するため、BIMサービスに精通する⾦ 柾 昍(キム ジョンホン)を執行役員として招聘いたしましたのでご紹介させていただきます。

キム氏はソウル市の光云⼤学建築工学科を卒業後、東京大学工学系研究科建築学専攻修⼠課程を経て、日本の建築・住宅産業に関わる企業で一貫してBIMクラウド技術の経験を積んできました。

直近ではエプコのお取引先でもある大手ハウスメーカーのBIM社内基盤構築にも従事しており、住宅産業におけるBIMクラウドサービスの課題や対策、事業展開の方策まで幅広く知見を有しております。

キム氏のエプコグループ参加により、中国BIMセンターで開発を進めているCAD2BIM(2次元CADデータを3次元BIMデータへ自動変換するシステム)などのBIMシステム開発、住宅会社にとって必要なBIMクラウドサービスの企画開発を加速して、エプコグループが掲げる中期経営計画を着実に推進してまいります。

また、キム氏が執行役員に就任することで、エプコの執行役員は、3名中2名が日本人以外となります。

今後は日本市場だけでなく、グローバルな事業展開を見据えて新しい人財を積極的に登用し更なる事業発展を目指してまいりますので、引き続きご支援のほど、よろしくお願いいたします。

カテゴリー:IR

1 2 3 4 5 6 13