エプコの中期経営計画を詳細解説-11

 D-TECH事業 2020年実績 2025年目標 年平均成長率 利益上昇率
 売上高 22.2億円 43億円 +14.1%
 営業利益率 20.8% 26.0% +5.2P

D-TECH事業はデジタル技術を活用して設計サービスを高付加価値化し、職人の高齢化対策と建築工事の合理化に貢献することで、売上高と利益率の向上を図ってまいります。

具体的にはBIM(ビルディング・インフォメーションモデリング)により設計図面を3次元化し、現場での施工状況を設計図面上で可視化します。

3次元設計図により施工内容が可視化されることで、水回りの排水配管を工場でプレファブ加工することが可能になります。これにより現場での施工簡略化が図れ、職人の高齢化や職人不足への対応に貢献することができます。

また、配管資材においては工場での集中購買となり、中間商流の短絡化が図れるため、建築工事の価格低減につながります。

更に3次元設計図はクラウドで情報共有されるので、工事関係者が3次元設計図をスマホや携帯端末で確認することができ、現場施工の品質向上や建築工事全体の合理化につながります。

次回からはBIMクラウドサービスにおけるエプコの強みやビジネスモデルについて、説明してまいります。

カテゴリー:中期経営計画2021

エプコの中期経営計画を詳細解説-10

セグメント セグメント別売上高 セグメント別営業利益率
2020年実績 2025年目標 2020年実績 2025年目標
 D-TECH事業 22.2億円 43億円 20.8% 26.0%
 H-M事業 12.2億円 38億円 26.7% 27.0%
 E-Saving事業 5.2億円 19億円 2.6% 6.0%
 持分法投資損益
 TEPCOホームテック
(37億円) (100億円) ▲0.1億円 2.0億円

( )はTEPCOホームテックの参考数値

今回策定しました2025年を最終年とする中期経営計画では、2020年実績と比較して、売上高2.3倍(年平均成長率17.9%)、経常利益率+9.4P、ROE+8.2Pを目標にしており、建築DXで既存事業をベースに高付加価値化することで、筋肉質の企業体質への転換を目論んでおります。

セグメント別では、D-TECH事業は設計サービスを3次元BIMでクラウド化し、建築工事のプレファブ領域拡大で建築工事を合理化することで、売上高2倍、営業利益率+5.2Pというバランスの取れた成長を計画しております。

また、H-M事業ではメンテナンスサービスをCRMでクラウド化し、居住者・住宅会社・修理会社をアプリでつないで効率化し、修理データのAI解析でメンテナンスサービスを高付加価値化することで、売上高を3倍に引き上げることを目標にしております。

更にE-Saving事業では、東京電力HDが掲げる脱炭素社会の実現に向けた電化戦略において、その受け皿となるTEPCOホームテックの受注が拡大し、TEPCOホームテックを施工面で支えるエプコグループ傘下のENE’s社の売上高も3.6倍、営業利益率+3.4Pに達する計画をしております。

持分法適用会社であるTEPCOホームテックの売上高は、37億円から100億円を目論んでおり、持分法投資損益も2億円となる目標を掲げております。

次回からはこれらの中期経営計画を達成するために必要な、セグメント別の事業戦略について説明させていただきます。

カテゴリー:中期経営計画2021

エプコの中期経営計画を詳細解説-9

住宅産業の事業環境が大きく変化する中でエプコが取り組む事業戦略は、デジタル技術を活用して住宅産業が抱える構造的な課題を解決するソリューション提供です。

エプコの既存事業は従来からも課題解決型サービス(設備工事のプレファブ化で施工を簡略化、住宅のメンテナンスサービスで居住者と住宅会社を24時間365日サポート)ではありますが、ここにデジタル技術を加えることで既存事業を高付加価値化し、従来では実現できなかった領域までサービス提供することが可能になります。

具体的には新築領域で設計サービスを手掛けるD-TECH事業においては、従来の2次元CAD設計図を3次元BIM設計図にアップグレードいたします。設計図面を3次元化することで設計段階において施工内容を細部まで表現できるようになり、例えば従来設計図では手間の掛かっていた水回りの排水配管工事をプレファブ化できるようになります。

排水配管をプレファブ化することで現場での施工簡略化が図れ、職人の高齢化や職人不足といった課題解決への貢献が可能です。

更にメンテナンス領域でサービス提供するH-M事業では、これまで居住者からの修理依頼は全てコールセンターで対応しておりましたが、コールセンターと併用してアプリによる修理対応サービスを提供いたします。更に修理会社ともクラウドで情報共有することでスピーディーな修理対応を行いつつ、修理データはAIで解析し、施工や製品の品質分析に加え機器交換予告など、これまで実現できなかった修理データマイニングへの展開が可能になります。

このようにデジタル技術を活用することで、コールセンターサービスから居住者・住宅会社・修理会社をつなぐCRMプラットフォームサービスへの進化を図ってまいります。

そしてTEPCOホームテックを管掌しているE-Saving事業においては、太陽光パネルや蓄電池、エコキュートなどの電化機器をサブスク型(初期費用ゼロ円で設置し、利用料で回収するモデル)で提供することで、電化住宅を普及させ、脱炭素社会の実現に貢献してまいります。

更に、CRMサービスを提供している住宅会社と連携して、既存住宅のお客さまへ電化リフォームを共同提案するなど、ストック住宅の家歴を活用したビジネスモデルの構築を図ってまいります。

エプコではこれら3つの事業を通じて、SDGsへの具体的な取り組みを行ってまいります。

カテゴリー:中期経営計画2021