2020年7月の記事

エプコレポート2020について

本日7月1日は、エプコの下期がスタートする日でありまして、それに合わせてエプコのこれまでの事業の歩みや強み、今後の事業ヴィジョンなどを掲載したエプコレポートを発刊させていただきましたので、その概要についてお知らせいたします。

エプコレポートは、エプコ設立30周年の事業の振り返りであり、これから30年先の事業展望を標した内容で構成されております。

私が個人でエプコを創業し、水道法の規制緩和で住宅設備業界に工業化でイノヴェーションを起こし、今日のエプコの礎を築いたこと。

建築図面のデータを活用したメンテナンスサービスを始め、現在ではエプコの主力事業に育ってきたこと。

電力小売り自由化で東京電力エナジーパートナー社と合弁でTEPCOホームテックを設立し、今後、省エネビジネスで事業拡大を目論んでいることなどが掲載されております。

そして、2020年からはデジタル技術を活用して既存事業を再構築し、建築TECH企業への進化を果たし、これから先の30年も事業成長していくためのヴィジョンを紹介しておりますので、エプコレポートをじっくりとお読みいただき、エプコの目指している事業方針に共感いただき、そして、エプコを末永く応援いただければ大変に嬉しく思います。

これからも皆さまからのご期待に精一杯応えて参りますので、引き続きご支援、ご指導のほど、よろしくお願い申し上げます。

 

  • LINEで送る

カテゴリー:IR