2019年7月の記事

日経新聞に「エネカリ」の記事が掲載されました

2019726日(金)の日経新聞の朝刊に、TEPCOホームテックが提供するエネカリの記事が掲載されましたので、記事では紹介されなかった部分を説明させていただきます。

TEPCOホームテックが提供するエネカリは、初期費用ゼロ円で、蓄電池やエコキュート、太陽光発電システムなどの省エネ機器を設置することができ、お客さまは省エネ機器の利用料を月々お支払いいただく仕組みです。

本日、日経新聞に掲載されたのは、電気自動車(EV)へ充電するための機器をエネカリで提供するもので、卒FIT(再生可能エネルギーの固定価格買取制度の期間終了)のお客さま向けのサービスです。

FITのお客さまは、自宅の太陽光発電システムで発電した電力の余剰分を、電力小売り会社へ市場価格で売電するか、自家消費するかの、どちらかになります。

今後、日本でも電気自動車の普及が加速するのに伴って、太陽光の余剰電力を電気自動車へ充電するニーズも増えることが見込まれます。

そうしたお客さまへ対して、住宅と電気自動車をつなぐ充電設備を初期費用ゼロ円で設置して、お客さまの負担感を和らげて、太陽光の余剰電力を効率よく自家消費していただく仕組みを提供するモデルです。

TEPCOホームテックでは、太陽光の余剰電力で効率的にお湯を貯める昼間運転エコキュートや、蓄電して夜間や災害時に利用する蓄電池もエネカリで定額利用いただくことが可能です。

詳しくはTEPCOホームテックホームページをご覧ください。

 

  • LINEで送る

カテゴリー:エプコ