EVリフォームの本格展開スタート!

本日は、TEPCOホームテックが取り組む、EVリフォームの進捗状況についてお話しさせていただきます。

昨今、自動車メーカー各社は電気自動車(EV)の開発を急ピッチで推進しており、今後、日本でも電気自動車の普及が加速するものと予想されております。

電気自動車の市場浸透に連動する形で、2019年度からは、家庭向けの太陽光余剰電力買い取り制度(FIT)が満了する住宅が年を追うごとに増え始め、太陽光の余剰電力の有効な活用方法の提案が求められます。

そこで、TEPCOホームテックの事業戦略の1つとして考えているのが、カーディーラーと連携してFITが満了するご家庭に電気自動車をおススメして、家庭で作った太陽光の余剰電力をEVに充電することで電気を効率的に利用するだけではなく、これまで出費していたガソリン代をEVの購入費用に割り当てるご提案です。

TEPCOホームテックとしては、東京電力のグループ会社であるという知名度を活かし、電気自動車を購入した際に必ず必要となる、EV(PHEV含む)への充電設備のリフォーム工事を提供いたします。

このような背景もあり、この度、カーディーラーと連携して6月よりEVリフォームの受付を開始することになりました。

TEPCOホームテックが提供するEVリフォームでは、EV・PHEVへの充電設備工事に加え、電力会社グループならではの、3つの安心サービスをご提供いたします。

①電気のプロが最適な電気容量、料金メニューをご提案 ②安心の10年工事保証 ③納車時の通電検査、取扱説明の実施

TEPCOホームテックでは、このような東京電力グループ会社ならではの、省エネにつながるリフォームサービスを次から次に提供してまいりますので、引き続き、ご支援のほど、よろしくお願いいたします。

  • LINEで送る

カテゴリー:エプコ