採用情報

先輩の仕事

お客様からのお礼の言葉は、私たちの何よりの励みです。

沖縄コールセンター
2015年入社

O.M 

琉球大学法文学部 人間科学科

等身大の自分が出せる場所

エプコとの出会いは沖縄県内の合同企業説明会でした。第一印象は「進出している分野が沢山あって、一度の説明ではちょっと把握できない!」でした(笑)。でも社員の方々が温和で、その時の暖かい印象が忘れられず、次の説明会・面接にも足を運びました。エプコの一次面接は面接官の年齢が近いということもあり、自然体でリラックスして受けることができました。その後の面接でも臆せず等身大の自分で臨み、趣味の話で盛り上がることも。自分らしさを出せて、それをちゃんと見てくれました。
そして入社後、趣味がイラストということを覚えてくれていた上司のおかげで思いもよらないことになりました。それは、ハウスメーカー様向けに作るエプコのカスタマーサポートセンターの仕事紹介資料に、私の絵が挿絵で入ることになったんです。まさか自分の趣味が仕事で活かせる機会が与えられるとは思っておらず、とても嬉しかったです。
エプコで面接を受けた時の「話しやすさ」は今でも強く記憶に残っています。就職活動では、どうしても「企業に良く見られたい」「求められるような人材にならなければ」と自分自身をむやみに飾ってしまいがちです。私も活動初期は無理をして自分らしさを活かすことが出来ませんでした。なので「そのままの自分」を受け入れてくれる企業を探しました。就職活動をする上で、どこか自分を隠して無理してる気がする…と感じている人には、是非エプコの面接を受けてみて欲しいと思います。

カスタマーサポートセンターの仕事

ハウスメーカー様のカスタマーサポートセンターのオペレーターとして、住宅にお住まいのお客様から「住宅のお悩み事」「メンテナンス依頼」などの電話を受け、各地域のハウスメーカーご担当者様に申し伝えたり、設備メーカー様に修理依頼の手配をします。ほとんどのお客様は困ってカスタマーサポートに電話をかけてこられます。正確にお客様の状況を把握する為には、きちんとした聴き取りが重要で、さらに手配先を正しく判断しなければならないというプレッシャーもあります。失敗してしまった時にはどうやったら改善できるか、再度ミスをしない為にはどうすればよいかを上司や先輩がしっかりサポートてくれるので、自分自身が成長できていることを感じています。オペレーターの仕事は経験によるところが大きいので、これからも上司や先輩のアドバイスを吸収し、経験を積んでオペレーターの能力を高めていきたいです。
以前、お客様に「こんなに丁寧に話を聞いてもらえて嬉しい。」と言っていただいたことがありました。お客様からのお礼の言葉はオペレーターにとってとても励みになります。

ある1日のスケジュール

9:45 出社
メールやスケジュールチェック。
9:55 受電業務
全国の施主様から寄せられる相談・メンテナンス依頼を正確に判断して手配を進めていきます。午前中の時間帯は特に沢山の入電があるので、人員も増やして受電をします。
14:00 ランチ
ほぼ毎日、母の手作り弁当を持参して休憩室で食べています。
昼ご飯を食べた後は、午後の業務に備えてリクライニングチェアーで好きな音楽を聴きながら仮眠する事も。
15:00 受電業務
特に夕方の時間帯に電話が殺到します。応答率を下げないためにオペレーターみんなで気合を入れて受電します。夜間は緊急性のある依頼も入ってくるので、最後まで気が抜けません。
19:15 進捗状況確認
その日受けた電話の進捗状況を確認します。「あの担当者さんもう訪問してくれたんだ」「こっちはメーカーの訪問日が決まったんだ」など、リアルタイムで状況が把握出来るので、退社前に必ずチェックを行います。
19:25 メールや明日のスケジュールチェック。
19:30 退社
オフィス近くの本屋・レンタルビデオに立ち寄って買い物することもあります。