2017年11月10日の記事

第3四半期決算&株式分割を発表しました

本日、弊社の第三四半期決算及び株式分割について発表しましたので、それぞれコメントさせて頂きます。

当第3四半期は、売上高2,526百万円(前年同期比+3.9%増)、経常利益406百万円(前年同期比+45.9%増)という結果であり、売上高及び利益いずれも計画数値を超過して推移しております。

売上高よりも経常利益の伸び幅の方が大きいことからもわかるように、当期はスマートエネルギー事業における先行投資の終了に伴う費用の減少によって利益が回復する局面でありますが、来期以降は売上増加による継続的な増益を果たすべく、現在、エプコ及びTEPCOホームテックにて受託拡大に向けた準備を鋭意進めております。

また、本日、弊社の普通株式1株につき、2株の割合をもって株式分割をすることを発表いたしました。

株式分割の基準日は2017年12月31日(実質基準日は2017年12月29日)で、効力発生日は2018年1月1日となります。

今回の株式分割の目的は、先ごろ新設いたしました株主優待制度と同じく、株主還元策の一環でございまして、より多くの皆さまに弊社の株式を取得して頂きたいという思いがございます。

また、弊社株式の流動性を高める観点からも株式分割は有効と考えまして、今回、取締役会で株式分割を決議いたしました。

東京電力エナジーパートナー株式会社と弊社との合弁会社であるTEPCOホームテック株式会社の設立以来、弊社に興味を持って頂ける個人投資家の皆さまが増加傾向にあります。

TEPCOホームテックは、エンドユーザー向けに省エネリフォームなどの省エネサービスを提供しておりますので、弊社も、これまで以上に個人の皆さまを意識した経営を心掛けていく所存です。

今後も弊社を末永く応援頂けるよう、業績の向上に努め、更に様々な株主還元策実施していきたいと考えておりますので、引き続き、ご支援のほど、よろしくお願いいたします。

  • LINEで送る

カテゴリー:IR