この先の30年への決意を新たに!経営計画発表会2020(東京編)

この先の30年への決意を新たに!経営計画発表会2020(東京編)

2020年1月10日、社員向けに今年の経営計画発表会が行われました。今回はなんと箱根へ!当日の様子をお届けいたします。

なぜ、箱根で経営計画発表会をやるのか?

エプコでは、毎年経営計画発表会を行っていますが、泊まりでの開催は久しぶり。長らく開催してこなかった泊まりでの発表会、なぜ今年だったのでしょうか?

2020年はエプコ設立30周年の年!

今年は株式会社エプコが設立されて30年目!2020年4月12日に満30年を迎えることになりました。30年という節目であることから、大きなイベントごととして経営計画発表会を行いたい、という思いから箱根で1泊の発表会を企画いたしました。

コンセプトは「従業員全員が主役の経営計画発表会」。様々な部署の従業員がお互いに交流し、決意を新たにしてほしい、という思いがあってこその企画となっています。

経営計画発表会の様子をお届けします!

今年は箱根湯本駅ほど近くの湯本富士屋ホテルにて発表会が行われました。会場に集合し、岩崎グループCEOおよび吉原CFOより、2020年度の、経営計画の説明がありました。

今年度の事業計画を説明する岩崎グループCEOです。

社員一同、真剣な面持ちで説明を聞いています。各々、今年度の仕事について思いを馳せていることでしょう。エプコグループで働く情熱ある従業員の皆様が、ますます活躍することを祈ります。

懇親会の様子をお届けします!

発表会の後は懇親会が行われました。1年の頑張りをたたえる表彰式や、クイズ企画など企画がてんこもりとなった2020年の懇親会。司会は若手のお二人が務めました。コーポレート本部の石永さんと設計チームの池田さんのコメントを見てみましょう。

石永さん

緊張よりも、寡黙なタイプという自分のイメージが崩れることを恐れていました。でも、参加者の皆さんがどんどん突っ込みを入れてくれて雰囲気が良くなり、ありのままの自分で司会をすればいいということが分かりました。またやりたいです!!!

池田さん

最初は不安でしたが、30周年の記念行事ということで頑張ろうと決めていました。無事やり終えていい経験にもなりましたし、普段接点がない他部署の方と交流できてよかったです。

お二人の絶妙な掛け合いが印象的でした。タイプの違う二人だからこそ、はまったのかもしれませんね。改めてお疲れ様でした。

ありがとうの気持ちを送りあう、ディカチャン表彰!

「従業員全員が主役」というコンセプトに恥じず、多くの従業員が表彰され、温かいコメントを寄せ合う、そんな場面も見られました。例えば、ディカチャン表彰では送信した&受信したサンクスカードの枚数のほかに「掃除が熱心で素晴らしいで賞」、「笑顔が素敵で賞」「見習いたい仕事ぶりで賞」など、テーマに応じた表彰も行われました。

ディカチャン制度とは、社員同士で日頃「ありがとう」という気持ちを見える化する制度のことです。日々、ありがとうカードを送りあっています。ディカチャンとは沖縄の方言で「よくやった」という意味があるそうですよ。

永年のお勤めに感謝!これからも宜しくお願いします。

永年勤続表彰も行われ、今年は10年、15年、そしてなんと30年計5名が表彰されました。関わりの深いメンバーから笑いあり、涙ありのコメントが寄せられ、和やかな雰囲気で表彰が進みました。

これまでの30年、これからの30年。

いかがでしたでしょうか。2020年も引き続き、スローガンである「進化への挑戦」を形にしていくべく、社員一同邁進していきましょう。

次回は沖縄での経営計画発表会の様子をお届けしたいと思います!なお、2019年の経営計画発表会の様子は下記の記事で読むことができます。併せてどうぞ。

経営計画発表会&懇親会

コールセンタースタッフ採用強化しています

新規業務立ち上げに伴い、沖縄コールセンタースタッフの採用を強化しています。人と話すのが好きな方や専門スキルを磨きたい方、お待ちしております!