EPCOの成長戦略

建築テクノロジー企業へと進化し、
デジタル技術でライフサイクル全体を革新する

現在のビジネスモデルと強み

ビジネスプラットフォーム

設計力

年間約10万戸 / 70万戸

メンテナンス力

年間約60万件/120万世帯

リフォーム力

月間500件/2000万世帯

デジタル技術で高付加価値な
ビジネスモデルへ進化
事業ポテンシャルを拡大

  • D-TECH事業
    (3次元設計モデル)

    意匠図・構造図・設備図の3次元化で建築オペレーションの効率化と品質精度を向上

  • H-M事業
    (メンテデータxAIモデル)

    メンテナンスのビックデータをAI解析し、修理予測で故障前修理を実現し効率化

  • E-Saving事業
    (省エネリフォームモデル)

    省エネ機器の定額利用モデルで分散型エネルギープラットフォームを全国展開

デジタルプラットフォーム

2025年までの各事業の成長ポテンシャル(年間売上)

D-TECH事業:150億円

年間約10万戸x
15万円/戸

H-M事業:50億円

エプコメンテ400万世帯 x
@1,250円/世帯・年

E-Saving事業:500億円

リフォーム6万件 x
エネカリ85万円/件

SDGsに合致した、
住宅領域での事業モデルを
多領域へ水平展開

  • 店舗領域

    住宅領域で培ったノウハウを活用した店舗領域への事業展開

  • 海外領域

    日本の成功モデルを海外パートナーと連携して中国・東南アジア圏に事業展開