カテゴリー: 節電・省エネ

★節電豆知識★ 第5回 冷蔵庫編

東京はもうそろそろ梅雨入りだなと思わせるような
湿度の高さを感じます。
(クセ毛の私には何とも嫌な季節です・・・(((=_=)))وウネリ)

 

このように湿度や気温が高くなってくると食品の傷みが気になりますよね。
でも心配だからと言ってなんでもかんでも冷蔵庫に保管はしていませんか?

 

今日は冷蔵庫についての豆知識をお届けしましょう(*´˘`*)

 

冷蔵庫の詰め込みすぎもムダな電力を消費します。
ものを詰め込んだ場合と半分に減らした場合を比較すると、
年間約44kWhの省エネになります。
約960円の節約(¥▽¥)

 

それでは詰め込みすぎをなくすには・・・ ・
〇未開封の缶詰や瓶詰調味料は入れない

〇賞味期限切れの食材がないかこまめにチェックする

〇常温保存できる食材は入れない

例えば、バナナ・じゃがいも・サツマイモ・里芋・たまねぎ・泥つきごぼう・かぼちゃ
は常温保存が出来ます。
切ってしまうと常温保存できなくなるので注意してくださいね !
梅雨時期はカビが生えやすいので使う分だけ買うなど工夫をしましょう。

 

ご家庭の冷蔵庫を覗いてぜひ実践してみてください。

 

  • LINEで送る

カテゴリー:節電・省エネ

★節電豆知識★ 第4回 エアコンのお手入れについて

東京では夏日が続き、昼間は半袖の人が見られ、
電車内は朝からエアコン&扇風機が稼働し始めました。

 

前回に続き、これから大活躍するエアコンについての豆知識をお届けします。

 

エアコンのフィルターは月に1回から2回掃除するようにしましょう。
年間で約31.95kWhの省エネになります。
約700円の節約(*゜▽゜ノノ゛

 

また、室外機は風通しの良い場所に設置しましょう。
周囲に植木などの障害物があると、運転効率が悪くなります。
運転効率の悪化により電力使用量が増え、電気のムダ使いの原因に・・・(/(エ)\)

 

これからのじめじめした梅雨と暑い夏に備え
フィルターのお手入れ&室外機周りの整理整頓を心がけましょう(*´∇`*)

 

 

  • LINEで送る

カテゴリー:節電・省エネ

★節電豆知識★ 第3回 エアコンの除湿について

東京ではすっかり桜が散ってしまいましたね。。
これから夏本番!の前にじめっとしたあの時期がやってきます・・・!∑(´・ω・|||)

 

今回は梅雨時期に使える節電豆知識をお届けしましょう!.+゜ヽ(o`・∀・´)ノ.+゜ドウゾ!!

 

じめじめ解消に役立つのが、夏の必須アイテム☆エアコンですね。
除湿量は「冷房」が一番ですが、ずっと使っていると、夏とはいえ体が冷えて
しまいます ((´д`)) ブルブル…
(ちなみに私は冷え症なのでエアコン苦手です。。m(´・(エ)・`)m)

 

室温を下げたくない場合は「除湿」にしましょう!
ほとんどのエアコンに採用されている「除湿」は「弱冷房除湿」ですが、
最近は機種により「再熱除湿」というのもあります。
(※空気が冷えすぎたら、もう一度冷えた空気を温めなおすような仕組みです。)

ちなみに消費電力量が一番少ないのは「弱冷房除湿」、次に「冷房」、「再熱除湿」の順になります。

 

冷房で一気に除湿して、その後は再熱除湿などで快適な温度に保つのもいいかも
しれませんねヽ(・∀・)ノ

 

快適で、お得に梅雨時期を乗り切れるよう、冷房と除湿を使い分けてみましょう!

 

  • LINEで送る

カテゴリー:節電・省エネ

★節電豆知識★ 第2回 待機電力について②

携帯電話やスマートフォンなどのアダプタ充電器は、
コンセントに差し込んでいるだけでムダな電力を消費しています。
充電していないからといって油断は禁物なのです。

各家電の充電機器の待機電力の一例は
充電式電気シェーバー 約2.3W
デジタルカメラ 約1.2W
充電式電動歯ブラシ 約0.9W
携帯電話・スマートフォン 約0.8W

充電が終わったらコンセントを抜いて節電しましょう!
毎回コンセントを抜くのが面倒な場合は
節電タップ(スイッチ付のコンセントタップ)に交換してみてはいかがでしょうか。
節電タップは個々の家電製品ごとにスイッチがついていますので、
使用していないものはスイッチをOFFにするだけ。 とっても楽です。

また、古い機器から最新の機器に変えると待機電力をカットできることもあります。

できるところから節電を心がけてみましょう。

 

※平成24年度 待機時消費電力調査報告書(資源エネルギー庁)

  • LINEで送る

カテゴリー:節電・省エネ

★節電豆知識★ 第1回 待機電力について

本日は待機電力についての豆知識をお届けします。
家庭の消費電力における待機電力の割合は、5.1%(228kWh/年・世帯)もあります。

待機電力が大きい電気製品のベスト3
1位 ガス温水機器
2位 テレビ
3位 冷暖房エアコン・電話機

ガス温水機器の1世帯当たり待機電力量は年間43.3kwh
なんと年間で約1,000円の待機電気代を発生させているのです(/(エ)\)キャー

電気のムダ使いを抑えるために「待機電力」の見直しは大切なポイントです。
ムリせずできるところから、見直しをはじめてみましょう。


※平成24年度 待機時消費電力調査報告書(資源エネルギー庁)より

  • LINEで送る

カテゴリー:節電・省エネ

error: Content is protected !!