企業情報開示方針

企業情報開示方針

情報開示の基本方針

当社は、株主並びに投資家の皆様の投資価値判断に影響を与える当社の事業活動や重要な業務執行・ 意思決定事項に関する情報を継続して適時・的確・公平に開示することにより、当社の現状を正しく理解していただくことが上場会社の責務であることを強く認識し、守秘義務契約等により法令遵守上問題のない開示不能情報以外の情報を積極的に開示することを基本方針としてまいります。

情報の開示方法

当社は、上場している東京証券取引所の定める規定に基づき、同取引所への事前説明の後、適時開示情報システム(TDnet)にて公開するとともに、当社ホームページにおいても公開いたします。また、法的開示基準要件には当たらないその他の情報につきましても、情報開示の基本方針ならびに適時開示の趣旨を踏まえて、適切な方法により正確かつ公平に積極的に開示いたします。

沈黙期間について

当社では、決算情報(四半期決算を含む)の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、決算期日の翌日から決算発表日までを沈黙期間といたしております。この期間は、決算に関するコメント・質問への一切の回答を控えさせていただきますのでご了承ください。但し、沈黙期間中に判明した業績予想と既発表予想の差異が適時開示に該当する変動幅となることが明らかになった場合は、当然ながら適時開示いたします。

業績予想並びに将来の見通しについて

当社は、業績予想並びに将来の予測につきましては、可能な限り予測精度を高めることに努力いたしますが、これらはその時点で入手可能な情報にもとづく一定の前提のもとに作成された予想であります。これらの予測にはリスクや不確定要素などの要因が含まれており、これらの予測とは異なる可能性があることにご注意下さい。

免責事項

当社では、予告せずに本ホームページの情報を変更することがあります。また、本ホームページの運用を中断または中止する場合がございます。また、通信環境やお客様のコンピュータの状態等、その他の理由により、本ホームページが正常に利用できない場合がございます。 本ホームページ上に掲載されているコンテンツは、最新のものをできる限り速やかに掲載するよう務めてはおりますが、その最新性について保証するものではありません。また、当社は本ホームページから入手されたコンテンツにより生じた、または本ホームページをご利用になれなかったことにより生じたいかなる損害に関しても一切の責任を負いかねます。