経営者メッセージ

代表取締役グループCEO 岩崎 辰之 岩崎グループCEOブログ「a route」

IT×スマートエネルギーで、
グローバル企業を目指します。

これまでのエプコ

株式会社 エプコは1990年の設立以来、住宅設備の工業化を掲げ、設備工事の生産性、品質向上に資するサービスを数多く提供して参りました。住宅設備に関連するコンサルティングをはじめ、設備工法・部材の企画開発、ソフトウェア・システム開発から物件ごとの設備設計、家歴管理、アフターメンテナンスを24時間365日受付けるコールセンターまで、サービスを一気通貫で提供しております。

2013年の実績

・家庭向け太陽光発電シミュレート:約200MW/年
・新築住宅のEquipmentプランニングシェア:約14%
・家庭向け顧客管理:約100万戸/年

これからのエプコ

1. スマートエネルギーサービス

当社ではスマートエネルギーサービスが21世紀の成長分野と位置付け、これまで培ってきた住宅設備のノウハウを活かし、太陽光発電、HEMS、蓄電池などに係わるシステム開発や設計、アプリケーションサービスなど、省エネルギーや節電、スマートハウスに係わるスマートエネルギーサービスを手掛けてまいります。

2013年にはオリックス株式会社、日本電気株式会社と当社の出資によるONEエネルギー株式会社を設立。電気を蓄電池に蓄え、スマートフォンによる蓄電池の状態モニタリングや簡単操作で、最も効率的な電力利用ができるスマートエネルギーサービスを提供しております。
また、2014年1月にはパナソニック株式会社と当社出資によるパナソニック・エプコ エナジーサービス株式会社を設立いたしました。2016年に予定されている我が国の家庭向け電力小売りの自由化において、様々なスマートエネルギーサービスを提供して参ります。

例えば、各家庭に設置されている太陽光発電の電力をパナソニック・エプコ エナジーサービス株式会社が買い取り、電力市場などへ売却するサービスやHEMSを活用した家電のコントロールによる省エネサービスを展開して参ります。

さらに2014年1月には、英国ケンブリッジ大学EECi (Energy Efficient Cities Initiative) と各家庭の電力情報(ビックデータ)を利活用した、スマートエネルギーサービスに関する共同研究を締結いたしました。
電力の自由化が進んでいる英国で、英国政府に対してスマートエネルギーの効率的な利用を技術面で助言しているEECiとの共同研究は、先進的なスマートエネルギーサービスを開発、提供できるものと確信しております。


2. グローバル展開

当社が中国(広東省深圳市)に独自資本による設計センターを設立して10年が経過しました。現在では日本向けの設計オペレーションセンターとして2,800㎡のフロアーに現地スタッフ200名以上が勤務し、給排水設備、電気設備、住宅内装設備など様々なCADオペレーションを行っております。

また、2011年には香港市場に上場している中国最大の住設管材メーカーであるCHINA LIANSU GROUPと共同で、広東聯塑艾博科住宅設備設計服務有限公司を設立しております。

高度経済成長が続く中国で、日本で培った設備の工業化システムを中国の建築市場向けに普及させるべく、CHINA LIANSU GROUPの製造・販売ネットワークを通じて積極的に事業展開を行っております。

更に、2011年にはアジア市場におけるヘッドクォーター機能を担うEPCO(HK)LIMITEDを香港で設立しております。特に経済成長が著しい東南アジア諸国は数多くの事業機会に溢れており、ASEANに近接している香港を拠点に当社は積極的に事業展開を図って参ります。


3. コーポレートアイデンティティー

これまでの日本でのコア事業をベースに、これからはスマートエネルギーサービスとグローバル展開によって、当社は更なる飛躍を目指して参ります。
2014年、当社名の意味である「Equipment Plan Company」を「Energy Plan Company」へと変え、ロゴタイプも刷新いたしました。

これは、当社のスマートエネルギー事業に対する意思の表れであり、また企業文化の特性や独自性を打ち出すためでもあります。わかりやすいメッセージを発信し社会と共有することで当社の企業価値を高めて参ります。


新しい社名デザインのコンセプト

株式会社 エプコ ロゴ

エネルギーと水をモチーフに、エプコのあるべき姿をロゴタイプに凝縮。epcoの「e」の右上がりの線は、進化、成長、元気を象徴しロゴタイプを構成するシンプルなブルー色のラインは、品位や拡張を具現化。また、ブルー色はクリーンな再生可能エネルギーと水を表すと同時にアルファベットが創る4つの円、すなわちユーラシア大陸、アメリカ大陸、アフリカ大陸、そしてオーストラリア大陸を囲む大海と永続的成長を示す循環を表現。エプコが目指すグローバルな事業展開を表しています。


今後とも、お客様の満足と信頼を獲得し21世紀のリーディングカンパニーを目指してまいりますので、
引き続きご支援・ご鞭撻をお願い申し上げます。

ONEエネルギー株式会社

パナソニック・エプコエナジーサービス

ケンブリッジ大学とコラボレーション

岩崎グループCEOブログ「a route」

よくわかる!節電とぴぴパッ!「節電広報室」