家庭の電力利用がこう変わる!

PE記者会見写真2

本日は、2月25日に閣議決定されたエネルギー基本計画に基づいて、一般家庭の将来の電力利用についてお話しさせていただきます。

エネルギー基本計画の政府案では、太陽光発電をはじめとした再生可能エネルギーについて、2013年から3年程度、導入を最大限加速していき、その後も積極的に推進していくと明記されました。また、資源エネルギー庁が2009年9月に発表している「太陽光発電の新たな買取制度について」では、家庭向けの太陽光発電導入件数を、2020年には530万件まで普及させる目標を掲げております。

2020年頃には日本の家庭向け太陽光発電もアメリカやドイツのように、グリッドパリティ(Grid parity)を達成していると考えられますので、グリットパリティ達成時の電力利用のあり方を想定してビジネスを考える必要があると思います。

ちなみにグリットパリティとは、太陽光発電などの再生可能エネルギーの発電コストが、通常の系統電力のコストと同等となることを指す言葉です。グリットパリティが家庭向けの太陽光発電で達成されますと、電力会社から購入する電気料金と太陽光発電で発電するコストが同等になりますので、クリーンな再生可能エネルギーである太陽光発電を設置する家庭が急速に普及すると考えられております。

一方で、太陽光発電は晴天時の日中に発電量が増加しますので、日中の発電量が電力消費量を上回ると太陽光発電からの電気が余る(余剰)になります。現時点では政府の政策により、太陽光発電からの余剰電力は系統電力から購入する電気料金よりも割高で電力会社やパナソニック・エプコ エナジーサービス(株)が買い取ってくれるため、太陽光パネルを設置している家庭のほとんどは余剰電力を売電しております。

しかしグリットパリティが達成させると理論上は電気の売電価格と購入価格は同等になりますので、余剰電力を日中に売電しても夜には系統電力から電気を買う必要が出てくるため、余剰電力を売電しても電気料金の価格メリットは発生しないと考えられます。

そこで、この余剰電力を一時的に貯めておくことができる蓄電池もグリットパリティ達成時には必要不可欠なデバイス商品になると考えられます。いわゆる太陽光発電と蓄電池は車の両輪であり、エネルギーを効率的に無駄なく利用する家庭には必需品になります。

太陽光発電と蓄電池がセットで利用できると、太陽光発電の余剰電力と割安な深夜電力を蓄電池に貯めておき、太陽光パネルが発電しない夜や朝方に蓄電池に貯めた電気を放電して利用することができ、一般家庭においては極めて魅力的な電力の利用方法になると思います。

当社ではこのグリットパリティを先取りして、家庭向け太陽光発電の買い取りサービスを行うパナソニック・エプコ エナジーサービス株式会社をパナソニック社と共同で設立いたしました。また、家庭向けの蓄電池レンタルサービスを行うONEエネルギー株式会社をオリックス社、NEC社と共同で設立しております。

次代を先取りして様々なスマートエネルギー事業を展開することで、2016年の家庭向け電力小売り自由化後には更に成長を加速させていきますので、引き続きご支援のほど、よろしくお願いいたします。

  • LINEで送る

カテゴリー:スマートエネルギー

カンパニー制の導入

 

社内カンパニー制の導入

本日、社内カンパニー制導入を発表させていただきましたので、カンパニー制導入に至った経緯などをお話しさせていただきます。

当社は1990年の設立以来、住宅・家庭分野に特化して電気設備や太陽光パネルの設計サービス、住宅全般のアフターメンテナンスに対応するカスタマーサポートサービスなど、数多くのサービスを提供してまいりました。

一方で、2016年に予定されている家庭向けの電力小売りの自由化を見据え、ONEエネルギー株式会社との蓄電池レンタルサービスやパナソニック・エプコ エナジーサービス株式会社による家庭向け太陽光余剰電力買取サービスなど、スマートエネルギー事業を第2の創業事業と位置付け、積極的に事業展開を図っております。

当社ではこれまで培ってきた住宅・家庭分野でのノウハウや経営基盤を最大限活用し、当社の総力を上げてスマートエネルギー事業を成長事業に育てるべく注力しております。

これら2つの事業は住宅・家庭分野という事業領域は共通しているものの、事業モデルや必要となる経営資源(人財やシステムなど)などについては、それぞれ特性が異なります。

こうした状況を踏まえてこれまでの創業事業を統括する「プラットホームカンパニー」と、スマートエネルギー事業を統括する「スマートエネルギーカンパニー」の2つの社内カンパニーを設置することにいたしました。

会社を完全に分離する分社化ではなく、社内カンパニー制を導入した理由でございますが、やはりエプコという会社は一体であることを最大限に意識したことにあります。

当社が創業以来培ってきた経営基盤(住宅会社様や各メーカー様との事業ネットワークなど)を活用して、2つのカンパニーが営業上の協業を行ったり、スマートエネルギー事業の中で発生する業務を、創業事業であるプラットホームカンパニーで対応してもらったりと、当社の強みを共有しながら相乗効果を図り、両カンパニーの事業成長を推進させていきたいと考えております。

また、各カンパニー間の人事異動などもこれまで同様に行い、市場環境の変化に合わせた柔軟でスピード感のある組織編成が行えるのも社内カンパニー制のメリットであると考えております。

社内カンパニー制を導入することで、成長事業であるスマートエネルギーカンパニーには積極的な事業への先行投資を行い、安定的な収益を計上できるプラットホームカンパニーでは事業収支を明確にすることでカンパニーに従事する社員の活力を維持する効果があるものと期待しております。

このように2つのカンパニーが協調性と独立性を上手に融合させながら、当社が大きく飛躍するための施策の1つが社内カンパニー制の導入と考えております。

企業が成長を継続させる1つのテーマは、事業規模や市場環境の変化に応じて柔軟に適応できる組織を持つことだと考えます。今回の社内カンパニー制も未来永劫同じ形態を保つというよりも、事業環境に応じて柔軟に変化させていきたいと思います。

皆様にはこの度の社内カンパニー制導入の趣旨をご理解いただき、これからも当社への応援をよろしくお願い申し上げます。

  • LINEで送る

カテゴリー:エプコ

家庭のエネルギーの節約は、電気・ガス・水道をトータルで。

節電だけではもったいない

本日は、家庭で消費されるエネルギー(光熱費)についてお話しさせていただきます。

アサヒグローバルホールディングスの青山ハッピー研究所が実施したアンケート「第490回 最近、あなたは節約を意識しているか?」の結果によると、現在、節約していることの第1位は節電している76.7%、第3位は節水している52.9%、第6位は節ガスしている33.4%(複数回答)であり、エネルギーに対する節約の意識が高いことがうかがえます。

具体的な節約の方法としては、待機電源の削減、暖房設定温度を低めにする、冬場のお風呂は家族が立て続けに入るなど、皆様のエネルギー節約の工夫が感じ取れます。

アンケート結果にもありますように、家庭で節約できるエネルギーは電気だけではありません。ガスや水道も節約することで、家庭のエネルギー支出を抑えることができます。東京都に住む標準家庭の4月からの電気料金は8,111円になり、3か月連続の値上げになります。同様にガス料金は5,985円、水道/下水道料金は5,934円という試算になっており、家庭のエネルギー料金の負担は増加する一方です。

電気・ガス・水道という光熱費の節約(いわゆるランニングコスト)を減らす方法は大きく2つあり、1つは使い方を見直す方法と、もう1つは家電や機器を省エネタイプに交換する方法があります。

上の図にあるように電気とガスは1次エネルギー消費量として扱われ、暖冷房と給湯で全体の50%以上のエネルギーを消費しますので、ここの使い方の見直し又は省エネタイプの機器に交換するが、エネルギー節約のポイントになると考えます。

また、水道の利用構成はトイレ、お風呂、炊事で全体の75%の水利用になりますが、水道料金の節約になるのは便器と洗濯機を節水タイプの機器に取り換える方法や、お風呂の利用の仕方ではガス料金(ガス給湯器利用の場合)と水道料金の両方の節約につながります。例えば、朝晩の洗顔時、お水を1分間流しっぱなしにすると約12Lのお水を使用します。コップを利用して歯磨きすれば約0.6Lのお水ですみますので5Lの節水になり、3人家族ですと1ヶ月で約220円、年間2,500円の節約になります。

更に効果的なのが住宅の断熱性能を高めることです。住宅の断熱性能を高めるとは、燃費の良い住宅にするということであり、外気からの熱の侵入を抑制し、住宅内部の熱を外に漏らすことを少なくしてくれます。つまり、ランニングコストである1次エネルギー消費量を減らすことができ、少ないエネルギーで快適な暖冷房が実現できます。断熱性能の高い住宅にするには、断熱材で補足したり2重サッシにする方法があります。

そうは言っても、我が家の最適なエネルギーの節約方法はどうすればよいのか? という疑問が生じませんか。エプコは20年以上、住宅の水廻りや電気、住設建材、太陽光発電に関わる設計サービスを手掛けており、今では年間約100,000件以上の住宅・家庭向け設計サービスを提供しております。この設計サービスのノウハウを活用し、電力だけではなく、ガスも含めた我が家のエネルギー診断サービスを実施していく予定です。

このエネルギー診断サービスでは、単に電気やガス料金がどの程度節約できるかだけではなく、機器の交換費用や、節約した料金で機器交換費用を何年で回収できるかなどの目安も提供していきます。また、太陽光発電や蓄電池などを設置した場合の経済効果のシミュレーションもワンストップで提供できますので、エプコならではのエネルギー診断サービスを、なるべく早く皆様にご利用いただけるようにいたします。

このように住宅・家庭分野に強みを持つエプコだからこそできるスマートエネルギーサービスを、今後、更に増やしていきますので、皆様には応援の方、よろしくお願いいたします。

  • LINEで送る

カテゴリー:スマートエネルギー