エプコと福岡県みやま市が大規模HEMS事業で何をするのか!

エプコと福岡県みやま市

 今回は、大規模HEMS情報基盤整備事業で、当社と福岡県みやま市が取り組む事業内容についてお話しさせていただきます。

 この整備事業では、情報基盤の集約機能を構築する情報管理事業者(国内主要通信キャリアなど)、各家庭にHEMS機器を設置し家庭の電力データを集め集約機能へ送信するHEMS管理事業者、情報基盤からAPIを用いてHEMSの電力データとプライバシーデータを取得しサービスを提供するHEMSデータ利活用事業者の3者で事業運営をいたします。

 その内、当社と福岡県みやま市では、HEMS管理事業者とHEMSデータ利活用事業者の2部門で採択され、民間企業である当社と自治体が連携して大規模HEMS事業に参加いたします。

 まず、HEMS管理事業者としての役割ですが、福岡県みやま市の約2,000世帯の家庭にHEMS機器を設置いたします。次に当社で開発するHEMSデータをクラウドに集約するシステムで、2,000世帯のモニター宅のHEMSデータを数分間隔で取得いたしますので、大量の電力ビックデータを処理することになります。その膨大な電力データを情報基盤の集約機能に更に送信する役割を担います。また、大量のHEMSを統括して制御・管理する機能の妥当性やシステムの耐久性の確認することになりますので、各家庭のHEMSを管理する事業者として、より実践的で高度な運営が求められます。

 この役割を民間企業である当社と自治体のみやま市が担う目的は、HEMSを正確に設置し、きちんと制御・管理することで、家族構成や生活パターン、季節や天気の違いによる時間帯別の電力消費量を把握することが可能になります。また、太陽光発電やオール電化など設備機器の構成の違いによる電力需給状況も把握できることから、電力小売り自由化後に、自治体が電力小売りに参入する際には大変重要なノウハウになります。

 その意味においても、大量のHEMSを制御するシステムノウハウの蓄積や電力ビックデータを集約し取り扱うクラウドシステムの構築は、自治体などが電力小売りに参入し、小売り事業を持続的に運営するためにも必要不可欠なシステムモデルと言えます。

 次にHEMSデータ利活用事業者としての役割ですが、APIを用いて大規模HEMS情報基盤に集約されたHEMSデータとプライバシーデータを活用することにより、エネルギーマネジメントサービスや生活支援サービスを実際に行います。モニター宅の家庭には、電力データを利用するとこういうサービスが受けられるという実感が湧き、より身近に感じられるサービスを提供し効果を検証してまいります。

 具体的なエネルギーマネジメントサービスは、下記を予定しております。

①家庭用太陽光余剰電力買取りサービス

 太陽光発電設備が設置されている住宅に対し、HEMSから得られた電力データを基に太陽光発電の余剰電力を予測し、太陽光の余剰電力を市民から買取り、福岡県みやま市に販売するビジネスモデルを展開いたします。なお、太陽光発電の設備容量により全量の場合もあります。

②電気・ガス料金プラン診断サービス

 家庭のエネルギーを最適利用するため、HEMSデータと利用者の属性データを基に電気及びガスのエネルギー診断を行い、各家庭ごとにエネルギーの使用方法をアドバイスするサービスを行います。

③仮想電気料金プランと電気クーポンサービス

 電力小売り自由化を見据え、HEMSから得られた電力データを基に、福岡県みやま市独自の地域に適合した仮想電気料金プランを作り、モニター家庭に提示します。現時点では電力小売りは出来ないため、電力会社からの電気料金請求額と仮想電気料金プランでの仮想請求額の差額見合分を電気クーポンとして市民に提供し、福岡県みやま市で利用できるサービスを行います。

  次に生活支援サービスでは、 高齢者見守り・健康チェックサービスを提供していきます。

 全国的に高齢化が見込まれる中で、独居老人・介護老人の増加が見込まれています。本人はもとより、家族にとっても安否確認のニーズは高まると考えられています。HEMSから得られた電力データを基に、高齢者の様子を見守れるサービスを行います。

 これらのHEMSデータを利活用したサービスは、電力小売り自由化後には、電力とサービスがセットで提供されていくことを想定したものであり、自由化後は、電気料金に加え、サービス内容で電力小売り会社を選ぶ時代になると考えます。その意味においても今回の事業では、モニター宅が必要としているサービスは何かを検証してまいります。

  さて、次回は当社が考える大規模HEMS情報基盤整備事業の採択を契機とした、電力小売り市場参入についてお話ししたいと思います。

 

  • LINEで送る

カテゴリー:スマートエネルギー

大規模HEMS情報基盤のコンソーシアムに採択されました!

大規模HEMS

 この度、国内主要通信キャリアである東日本電信電話株式会社、KDDI株式会社、ソフトバンクBB株式会社及びHEMSベンダーであるパナソニック株式会社の4社がコンソーシアムの幹事企業を務める、経済産業省の補助事業である「大規模HEMS情報基盤整備事業」に、株式会社エプコと福岡県みやま市がコンソーシアムメンバーとして採択されました。

今回は、大規模HEMS情報基盤整備事業とは についてお話しさせていただきます。

  2016年に家庭向けの電力小売りが自由化されますが、それと並行して各家庭にスマートメーターを設置して、電力データをリアルタイムで取得することで電力需給調整や検針業務の効率化を図る計画が進んでおります。

 電力会社が設置したスマートメーターからの電力データは、電力会社へ送信されるAルート、家庭へ直接送信されるBルート(HEMS機器設置)、HEMS機器からの電力データをサービスに利活用するためのCルート、の3通りが検討されております。

  今回の経済産業省の補助事業では、HEMS機器からの電力データを利活用して、各家庭に対してエネルギーマネジメントサービスや生活支援サービスを行うためのCルートに対応した、電力データを集約・加工して提供するための情報基盤(インフラ)を整備するものです。

  電力データを利活用してサービスを提供する企業などは、この情報基盤にアクセスして、電力データを利用して自社のサービスを各家庭に提供していくことになり、いわば電力データのプラットフォームが今回整備する情報基盤になります。

 それ故に、個人情報管理の徹底した仕組みを構築しなければなりませんし、プライバシー上の対応策を施し、消費者が安心できる電力データの利活用環境の整備が必要であることから、この情報基盤の構築については、通信情報の管理で実績のある国内主要通信キャリアが担当することになったと考えます。

 さて、この度の経済産業省の補助事業では、大規模HEMSという名称が付けられておりますが、日本で初めてとなる全国規模でHEMS機器を設置して、電力データを集約・加工し、各サービスへ利活用する実証を行います。

  全国4地区、14,000世帯にHEMS機器を設置し、リアルタイムに電力データを情報基盤に集約して、創意工夫されたサービスを多くの企業が各家庭に提供していきます。

 ここで考えられるサービスは、家庭の電気料金を削減するためのエネルギーマネジメントサービスや、電力データを利活用してお年寄りや子供を見守る生活支援サービスなどが考えられます。

 これまでは電力データをリアルタイムに取得できなかったため、電力データをサービスに利用し、家庭にフィードバックするシステムや仕組みがありませんでした。

 今後は電力データを利活用した革新的なサービスやビジネスモデルが創出されると考えており、当社は今回のコンソーシアムメンバーとしての採択を千載一遇の好機と捉え、スマートエネルギー事業に経営資源を集中し、2016年の電力小売り自由化への準備を加速させて参ります。

  このような動きは正に電力自由化後の姿であり、この事業を通じて整備した情報基盤を電力自由化後も持続的に運用するために、様々な検証を行っていくことになります。

 さて、次回では、当社と福岡県みやま市が大規模HEMS情報基盤のコンソーシアムメンバーとして、どのような活動をしていくのか、詳しくお話しさせていただこうと思います。

  • LINEで送る

カテゴリー:スマートエネルギー

ぴぴパッ!が特許取得!

ぴぴパッ!特許説明ページ

本日は、エプコで開発したHEMSアプリケーション「ぴぴパッ!」に関連する特許が取得できましたので、ご報告させていただきます。

この度 取得した特許は、パソコンやスマートフォンで利用するHEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)の節電支援システム、節電支援方法及び節電支援プログラムに関するものであり、家庭(需要家)の電力利用環境の即時性を踏まえ、効率的な節電行動を促す技術であり、HEMS利用に不可欠な特許といえます。

この特許の優位性は日本で初めて一連のシステムで特許を取得できた点にあります。

例えばHEMSを利用して省エネルギーを実現するには、電力量の把握と予測と制御とアドバイスが必要になります。                             

具体的には                                                                              ①家庭で消費される電力量を把握し、時間帯別に電力消費量を予測します。                                                

②太陽光パネルが設置されている住宅では、気象予測に基づき太陽光パネルの発電量を時間帯別に予測します。                             

③次に太陽光パネルで発電した電力の家庭内消費量と不足する電力量(電力会社から購入する買電量)を予測します。                            

④蓄電池が設置されている住宅では、割安な深夜電力を蓄電池に貯め、貯めた電気をいつ放電すれば最も効率的かを独自のアルゴリズムで計算します。               

⑤アルゴリズムでは、電力消費予測と発電予測、買電予測から蓄電池の放電量を時間帯別に計算し、蓄電池の運転を自動制御します。                       

⑥更に節約したい電気代を定めると、常時把握している電力データに基づき、どの家電を何時に利用するといくら電気代が安くなるかをアドバイスします。           

⑦これらをパソコンやスマートフォンのアプリケーションで表示させます。

この一連のシステムがぴぴパッ!に搭載されており、このシステム処理全体で特許を取得することができました。

 2016年には家庭向けの電力小売りが自由化されることが決定いたしました。2016年以降は電力を小売りする企業が相次いで市場参入することが予想されます。電力小売り会社は様々な電気料金プランを用意して電力を販売するだけではなく、サービスを充実させてお客様の支持を得ようと考えます。

その時に必要となるのが省エネアドバイスや節電サービスを提供するHEMSアプリケーションであり、この分野で一連のシステムでぴぴパッ!が特許を取得していることは、他社が同じサービスを提供できないばかりか、ぴぴパッ!がHEMSの業界標準になる可能性が高いと考えております。

勿論、ぴぴパッ!をエプコが独占的に利用することはできますが、そのようなやり方ではなく、多くの企業にぴぴパッ!をライセンス提供して、日本の全ての家庭にぴぴパッ!を利用してもらうほうが社会のためになると考えております。

いずれにしましても ぴぴパッ!で提供するコンテンツを更に充実させて、ご家庭のエネルギー負担の軽減につながるサービスを提供していきますので、引き続き、エプコの応援をよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

カテゴリー:スマートエネルギー