顧客接点強化となるエプコのメンテナンスセンター

本日は、エプコが提供している住宅向けのメンテナンスサービスについて、お話しさせていただきます。

商品やサービスをお客さまへご提案し利用していただくには、お客さまとの接点強化が欠かせません。

例えば、TEPCOホームテックがお客さまへ省エネリフォームを提案するには、ダイレクトメールや電話での案内、WEB広告などでPRを行います。いわゆるPush型の営業手法で、この場合、お客さまが光熱費の削減に関心がないと、省エネリフォームの利点をいくら説明しても話しが前に進みません。

一方で、エプコが提供しているアフターメンテナンスサービスは、現在、110万棟ほどのお客さまにサービスを提供させて頂いており、年間約55万件のアフターメンテナンス依頼があります。なんと、1年間に50%のお客さまが何かしらのメンテナンス依頼をしてくる計算です。

この55万件の内、約55%が設備機器(給湯器やエアコンなど)や設備工事に係るアフターメンテナンスの依頼で、エプコでは全国25,000社の業者さんに修理依頼して、アフターメンテナンスに対応しております。

アフターメンテナンスが発生するということは、設備機器が古くなって交換時期にきていることが多いので、ここで最新型の省エネ機器を提案して光熱費の削減にもつながることを説明すると、それでは交換しようか となります。お客さまの困りごとを解消して、更にお得になる提案をしているからです。

このような住宅向けのメンテナンスサービスは、顧客との接点強化につながり、お客さまの困りごとに合わせて省エネリフォームだけではなく、住まいや暮らしに係るあらゆる商品やサービスを提案することができます。

そのようなことから、エプコのメンテナンスサービスを活用して様々な取り組みを行いたいというご要望もあり、エプコとしては、今後このメンテナンスサービスが成長のキーワードになると考えております。

  • LINEで送る

カテゴリー:エプコ